美しきカーデザイン。そのデザインの魅力

「車のデザインの変換」

車のデザインは、車にとっての大きな魅力の一つである。車のデザインだけで購入を決める人もいるほどである。
また、車のデザインはその車の性質をも一目で判る要素でもある。
スポーツカー、セダン、ハードトップ、ワンボックス、ワゴンなどの使用用途によってデザインも大きく変わる。
昔の車には非常に個性があった。車は贅沢品であり、特別なものであったからだろう。
現在の様に、用途を中心に考えて購入できる程、気軽な買い物ではなかった事が大きな要因だ。

 

当時では、あり得ない程の金額を出して購入するのだから、思いっきり拘って購入しなければ、満足も納得も出来
ない。更に、車はほぼ男の乗り物であって、現代の様に女性も気軽に購入して運転すると言う性質のものではなか
った為、正に男の拘り感が満載だったと言えるだろう。
その為、車高が低いスポーツタイプの車に人気が集まり、それ以外では、高級志向のセダンタイプが強い人気を誇
っていた。

 

しかし、時代と共にユーザー層に幅が出来、使用用途にも同時に幅が出て来たことによって、偏向的な趣味嗜好は
影を潜め始める。女性ドライバーが増え、同時に軽自動車の人気が高まり、ファミリーユースの車人気も高まった。
昔の様に車高が低い車から、車高が高く車内が広い角ばった形が主流となる。それでも、一昔前であればまだまだ
男の拘りは生きていた。スポーツカーが姿を消す事は無かったし、セダンも男好きの形状だった。

 

だが更に時代が進むと、丸っこい形の可愛らしい女性向けの車がどんどん出て来るようになり、ついにスポーツカー
は一部を残して消え去っていく。製造販売はしていても、街中で走行しているものを見ることは中々出来なくなった。
今や、ファミリーユース向けのワンボックス、ワゴン、3ボックスなどが非常に多く、すれ違う車、すれ違う車が全
てそんな車ばかりになってしまった。後は、プリウスなどのデザインは置いてきぼりのハイブリッドカーばかりであ
る。

 

おすすめ

パンフレット制作ならパンフレットbiz
SOHO活用でパンフレットデザイン